セレブな椅子-チェアーズスタイルトップへ

nextmaruni(ネクストマルニ)

デザイナー黒川雅之氏をプロデューサーに迎えた、日本屈指の家具メーカー、株式会社マルニ木工が推進する産業と文化の融合的な活動。
コンセプトは「日本文化との対話」

プロジェクトの第一段として、「日本の美意識へのメッセージとしての椅子」というテーマが掲げられた。これは、世界の11人のデザイナーと国際コンペティションにて選ばれた1脚を合わせた計12脚の小椅子で構成されたプロジェクト。
生まれも違う、作風も違うデザイナー達が「日本の美意識へのメッセージ」としてのそれぞれの椅子を作り上げるという、新しい創造行為を提案する。

ネクストマルニが考える椅子は「商品でもあり作品でもある椅子」。そして、「日本的ではなく世界に通用する日本発の椅子」である。
椅子そのものだけではなく、椅子の存在する建築物とその空間、雰囲気、空気などを考え、問う。そして、作る側と受け取る側も含めたトータルな思想を提案。
(nextmaruni Home:nextmaruni)


世界の著名デザイナー木製名作小椅子 nextmaruni

もともと素材を生かしたナチュラル性を生かした『素材シリーズ』だけでしたが、新たに『影シリーズ』も誕生。それによって、より日本の美意識を表現しているのではないかと思う。
影シリーズのコンセプトは「陰と陽」。日本人は景色・情緒の中で影をも楽しめる感覚を持っている。そして、どんなものにも光と影は存在し、お互いの中に潜んでいる。

陽だけでは補えない、また陰だけでは補えないところを両方を持ってあたる。それが陰と陽。「素材シリーズ」と「影シリーズ」はそんな日本の美意識を持つ、唯一の椅子かもしれません。日本のインテリアはもちろん、洋風のインテリアにも陰と陽の新しい風を吹き込む椅子。


アルベルト・メダチェアのイメージ
アルベルト・メダチェア
nextmaruni Alberto Meda チェア のイメージ Designer:アルベルト・メダ
素材:ハードメイプル材


空気を感じることができる。クッションがなくても、その構成された丸棒がクッションとなってくれる。日本の曖昧さが込められたシンプルな作品。
Alberto Meda チェア の詳細
Alberto Meda チェア 影シリーズの詳細
アズミチェア
nextmaruni AZUMI チェア のイメージ Designer:安積 伸 ・安積 朋子
素材:ソロモンマホガニー材、牛皮革


普通に見えてしまう椅子だが、その木材の隠された曲面と組み合わされた皮革によって、いつもとは違う座り心地を与えてくれる。長時間座っていても大丈夫。
AZUMI チェア の詳細
AZUMI チェア 影シリーズの詳細
アズミチェアのイメージ
ハッリ・コスキネンチェアのイメージ
ハッリ・コスキネンチェア
nextmaruni Harri Koskinen チェア のイメージ Designer:ハッリ・コスキネン
素材:ナラ材


ナラ材特有の木目を活かした美しいデザイン。背面が低いのが椅子を引くときには負担がかからない。見た目にも心地よいバランスを持つ一脚。スタッキングも可能。
Harri Koskinen チェア の詳細
Harri Koskinen チェア 影シリーズの詳細
ジャスパー・モリソンチェア
nextmaruni Jasper Morrison チェア のイメージ Designer:ジャスパー・モリソン
素材:ナラ材


ジャスパー・モリソン作のかわいさを感じる一品。小さく見える3次元曲面が大きなフィット感の座り心地を提供してくれる。どんな場所にでも溶け込みます。
Jasper Morrison チェア の詳細
Jasper Morrison チェア 影シリーズの詳細
ジャスパー・モリソンチェアのイメージ
カンジウエキチェアのイメージ
カンジウエキチェア
 nextmaruni Kanji Ueki チェア のイメージ Designer:植木 莞爾
素材:ナラ材


座面にある「しなり」が一番の特徴であるこの椅子。デザイナーが子供の頃に触れた敷板から発想を得たという、味のある一脚。縦と横の線が美しい一脚。
Kanji Ueki チェア の詳細
Kanji Ueki チェア 影シリーズの詳細
SANNAチェア
nextmaruni Kazuyo Sejima+Ryue のイメージ Designer:妹島 和世・西沢 立衛
素材:ブナ材、スチールパイプ


「あっ、うさぎ!」と見た人から声が聞こえそうな特徴的な作品。その耳は非対称であり、そんなところがまた「うさぎ」っぽさを感じさせてくれる。ちょうどいいアクセントにもなってくれる。
Kazuyo Sejima+Ryue SANNAの詳細
SANAA チェア 影シリーズの詳細
SANNAチェアのイメージ


マサユキクロカワチェアのイメージ
マサユキクロカワチェア
nextmaruni Masayuki Kurokawa チェア ナチュラル のイメージ Designer: 黒川 雅之
素材:ナラ材


まだ作りかけのような風貌。コンセプトは日本と西洋の葛藤を描いている。新しい試みが施された珍しい作品。もちろん椅子としての機能もしっかりしている。
Masayuki Kurokawa チェアの詳細
Masayuki Kurokawa チェア 影シリーズの詳細
ミケーレ・デ・ルッキチェア
nextmaruni Michele De Lucchi チェア のイメージ Designer:ミケーレ・デ・ルッキ
素材:ハードメイプル材


椅子の名前は「Qui e la(クィエラ)」。折りたたみ可能な一脚。そして、足から背面にかけての曲線が、折りたたみ時、遠めに見るとコミカルで楽しい姿を見せてくれる。
Michele De Lucchi チェア の詳細
Michele De Lucchi チェア 影シリーズの詳細
ミケーレ・デ・ルッキチェアのイメージ
ナオトフカサワチェアのイメージ
ナオトフカサワチェア
nextmaruni Naoto Fukasawa チェア のイメージ Designer: 深澤 直人
素材:ブナ材


椅子らしい椅子というのがコンセプト。それだけに使用されているブナ材が見事にマッチ。座面もきちんと心憎い加工がされています。このシンプルさがまた心地よい。
Naoto Fukasawa チェア の詳細
Naoto Fukasawa チェア 影シリーズの詳細
シゲルウチダチェア
nextmaruni Shigeru Uchida チェア のイメージ Designer:内田 繁
素材:ナラ材、スチールパイプ


曲面を加えていないのが違和感を感じさせる。そして、スチールパイプとの組み合わせ。その組み合わせが独特の存在感を感じさせる。どこから見ても目劣りしない姿がある。
Shigeru Uchida チェア の詳細
Shigeru Uchida チェア 影シリーズの詳細
シゲルウチダチェアのイメージ
タモツヤギチェアのイメージ
タモツヤギチェア
 nextmaruni Tamotsu Yagi チェア のイメージ Designer:八木 保
素材:ナラ材


イームズのLCWを彷彿させる後姿。しかし前から見るとやはり別物。折り紙を折るようなイメージで作成された和風な一脚で、寄せ木作りの手法も美しく映える。
Tamotsu Yagi チェア の詳細
Tamotsu Yagi チェア 影シリーズの詳細
ショーン・ユーチェア
nextmaruni Sean Yoo チェア ナチュラルホワイトのイメージ Designer:ショーン・ユー
素材:ブナ材、牛皮革


国際コンペティショングランプリ作品。背面、座面、脚部すべてに統一され丸みを帯びた角が優しさと、その造形美を伝えてくれる。感覚で感じることの出来る一脚。
Sean Yoo チェアの詳細
Sean Yoo チェア 影シリーズの詳細
ショーン・ユーチェアのイメージ
⇒椅子に使われる木材の性質は一つ一つ違います。椅子に使われる木材を知ってみる。
⇒ヨーロッパ家具を代表する4つの木材があります。それは四大木材と呼ばれています。
⇒木材を使っての椅子作りといえば、ハンス・J・ウェグナーの数々の名作が浮かびます。


チェアーズスタイル >> ブランドトップ >> nextmaruni(ネクストマルニ) ↑TOPへ

またご訪問の際は、Yahoo!・Google・MSNで「椅子 デザイナー」で検索。

このサイトについて   リンクについて   詳細サイトマップ   お問い合わせ
お気に入りに登録   友達・知人に知らせる