セレブな椅子-チェアーズスタイルトップへ

世界の名作椅子

 フランス革命以降、様式美から機能美へと変化した椅子は民衆に受け入れられ、また大量生産時代に入り瞬く間に広がっていきました。それと同時に、アーツアンドクラフツ運動、アールヌーボーを経てデザインに大きな影響を与えるようになりました。

そして、腰を休めるものから空間を作り出すデザインとへ変化していきました。そんな時代を経たものだからこそ、家具デザイナー・彫刻家が椅子に魅力を抱かないわけはありませんでした。アーティスト達に魅入られた椅子には、今日に語り継がれる名作が存在します。




▼名作椅子の条件

名作椅子にはいくつかの条件があるといわれています。これすべてがそうだと言えませんが、この条件にあてはまるものは名作といってもいいのではないでしょうか。
  1. 用途に合った条件を機能的に満たしていること
  2. 丈夫である
  3. 量産性を考慮したもの
  4. 軽量である
  5. 彫刻作品にも負けないだけの表現力をもったもの
  6. 各時代に興った芸術運動の中において象徴的なもの
  7. モノと価格とのバランスがとれていること
  8. ロングセラーとして長年にわたり販売されていること(目安としては20年以上)

 

パントンチェアicon
Designer:ヴェルナー・パントン
Brand:Vitra
Material:FRP

「パントン・チェア」の重要な特徴は、曲げられた下部である。その芸術的な曲線をうまく活かし、望ましい足まわりの空間の余裕をもたらした。1967年に、最初の「パントン・チェア」のプロトタイプをつくりだした。
この作品は発表後すぐに名声を獲得し、「ポップ・アート」の偶像的存在となった。

バタフライスツールicon
Designer:柳 宗理
Brand:天童木工
Material:ローズウッド(成形合板)

宗理は、天童木工でスツールを大量生産するために、イームズ夫妻によって有名になった成型合板技術を用いた。そのスツールは非常に巧妙な構造を特徴としている。ふたつの同形部材が、座面の下のふたつのねじと1本の真鍮棒を用いて、左右対称に結合されている。これが、一方では神道の神社の鳥居を想起させてアジア的な表現となっている。

ラ・シェーズicon
Designer:チャールズ&レイ・イームズ
Brand:Vitra
Material:FRP 、丸銅棒、木材

この形状を作るには、背もたれと座面のあいだの穴は技術的に必要だった。というのは、その穴が積層板を3次元に成型するのを可能にしたからである。対照的に、成型プラスチックはそれを不要にしたので、この穴は「ラ・シェーズ」においてはデザイン要素となっている。

W.W.スツールicon
Designer:フィリップ・スタルク
Brand:Vitra
Material:鋳造アルミニウム

より正確には立つことを補助する器具である「W・W・スツール」は、スタルクが1990年に映画監督のヴィム・ヴェンダースのためにスケッチした架空の事務所のセットの一部である。正面の眼の分枝はフットレストとして機能する。
植物のようでもあり、生物のようなフォルムは見る人の目を惹かずにはいられない。

ハウ・ハイ・ザ・ムーンicon
Designer:倉俣 史郎
Brand:Vitra
Material:スチールワイヤー

倉俣史朗は、プレキシグラスやリブ付メッシュなどの珍しい新素材による家具デザインの可能性を探究した。彼はそれらの素材の表現の潜在能力を探り、それらがもちうる心理的効果を開発して、機能の世界と暗示の世界との境界線上にまたがる作品をつくりだした。デューク・エリントンのジャズ作品に因んで「ハウ・ハイ・ザ・ムーン」と命名された。

ボールチェア
Designer:エーロ・アールニオ
Brand:Adelta
Material:FRP 、クッション:ウレタンフォーム、脚部:アルミ

アメリカではグローブ(Globe)とも呼ばれる。アールニオはフリーランスの活動を始めたとき、自分の家にぴったりとした大きな椅子がなかったため、新しい形の椅子を作ろうと試行錯誤してできた形が、このボールチェアだった。

この球の形の成形は難しく、苦労の末試作ができた頃、アスコ社(Asko)の二人の若いプロダクトマネージャーがアールニオのスタジオを訪れる。そして、彼らはすぐにボールチェアの素晴らしさを認め、製品化が決まることになった。
1963年にデザインされたとは思えない未来的な形が、今でも人を魅了している。


DCWicon
Designer:チャールズ&レイ・イームズ
Brand:Herman Miller for the HOME
Material:ウォールナット

成型合板を使った名作椅子として、またチャールズ&レイ・イームズの代表作の一つとしてよく知られている。
使われている合板は全部で5枚。座面、背面と、前後の脚で2枚、それらをつなぐ軸の役割で1枚。座面と背面はゴムの台でマウントされ、合板のたわみと共に座り心地に貢献している。座面は高さが390mmと低く、木の柔らかさにゆったり座る感じとなる。

名作チェア
LCWのイメージ LCW
Designer:チャールズ&レイ・イームズ
Brand:Herman Miller for the HOME
素材:アッシュ材
 photo:hhstyle.com
LCWはリビング・チェア・ウッドの略。独特の低さを持ち合わせるこのチェアは、見た目から想像できない座り心地を与えてくれます。
LCWの詳細
マシュマロソファのイメージ マシュマロソファ
Designer:ジョージ・ネルソン
Brand:Herman Miller for the HOME
素材:ウレタンフォーム・ステンレススチール
 photo:hhstyle.com
その長さからソファの分類になるでしょぅが、一つ一つのクッションから全体を見ればチェアの塊。こんな発想は見たことありません。ジョージ・ネルソンの名作。
マシュマロソファの詳細

コーンチェアのイメージ コーンチェア
Designer:ヴェルナー・パントン
Brand:Vitra
素材:FRP、ステンレススチール
 photo:hhstyle.com
すごく存在感を感じるチェアです。ちょっと座るのをためらってしまいそうな感じ。持ち主のおしゃれへのこだわりを感じることができます。
コーンチェアの詳細
ハートコーンチェアのイメージ ハートコーンチェア
Designer:ヴェルナー・パントン
Brand:Vitra
素材:FRP、ステンレススチール
 photo:hhstyle.com
デザイナーのチェア作りへの楽しさが感じられます。特別な二人の記念日の記念として飾って置くにはこれ以上のものはないでしょう。良いものを作れってくれました。
ハートコーンチェアの詳細

エレファントスツールのイメージ エレファントスツール
Designer:柳 宗理
Brand:Vitra
素材:ポリプロピレン
 photo:hhstyle.com
名前からその由来が創造できるチェア。そして、形も象の足を思わせる。部屋の真ん中でも、端でもさりげない存在感が光る名作。
エレファントスツールの詳細
ブルーチェアのイメージブルーチェアのイメージ レッド&ブルーチェア
Designer:トーマス・リートフェルト
Brand:LEATHEFORM
素材:ビーチ材
 photo:FDN
無機質でちょっとかたくななチェア。大胆な色使いがこのチェアの最大の特徴。オブジェ・アートとしてもとして飾りたくなる一品。
レッド&ブルーチェアの詳細

ジグザグチェアのイメージジグザグチェアのイメージ ジグザグチェア
Designer:トーマス・リートフェルト
Brand:LEATHEFORM
素材:トネリコ材
 photo:FDN
なんとアーティスティックなチェア。シンプルだけど、なかなかできない発想。実用性もある。必要最小限の材料で作ってある見応えのあるチェア。
ジグザグチェアの詳細
The EGG(エッグチェア)のイメージThe EGG(エッグチェア)のイメージ The EGG(エッグチェア)
Designer:アルネ・ヤコブセン
Brand:Fritz Hansen
素材:ウレタン、アルミ、ファブリック
 photo:yamagiwa
1958年に製作されたチェア。その時代のデザインとは思えない斬新さ。今見ても斬新に感じます。体を包み込むような形状は、リラックスチェアにふさわしい形です。
The EGGの詳細

Ant Chair(アントチェア)のイメージAnt Chair(アントチェア)のイメージ Ant Chair(アントチェア)
Designer:アルネ・ヤコブセン
Brand:Fritz Hansen
素材:成型合板、スチール
 photo:yamagiwa
椅子にくびれを持たせたところがユニーク。その姿からアントチェアと呼ばれています。1984年には査定が最も厳しいといわれるIDクラシック賞を受賞。
Ant Chairの詳細
ダイアモンドチェアのイメージ ダイアモンドチェア
Designer:ハリー・ベルトイア
Brand:Knoll
素材:スチールワイヤー
 photo:hhstyle.com
ワイヤーを使ったチェアで、なんとも言えない美しさがあります。このチェアで作りたい雰囲気は人によって違うでしょう。そしてまた、光をも楽しめるチェア。
ダイアモンドチェアの詳細

チューリップアームチェアのイメージ チューリップアームチェア
Designer:エーロ・サーリネン
Brand:Knoll
素材:FRP、コットン
 photo:hhstyle.com
この色と形、どれをとっても完璧に近い美しいフォルム。汚すしたくないがために座るのをためらうかもしれない。しかし、座ればくつろげるのは間違いない一品です。
チューリップアームチェアの詳細
LC4 Chaise LongueのイメージLC4 Chaise Longueのイメージ LC4 Chaise Longue
Designer:ル・ゴルビジェ、ピエール・ジァンヌレ、シャルロット・ペリアンの共作
Brand:LEATHEFORM
素材:クロームパイプ、黒革、ウレタン
 photo:FDN
休養のための機械。そう呼ばれたゴルビジェの代表作。権威の象徴のような背もたれの高さ。ダイニングチェアとして、ちょっと偉い人になった気分で座るのもこのチェアの一つの楽しみ方。
LC4 Chaise Longueの詳細

バルセロナチェアのイメージバルセロナチェアのイメージ バルセロナチェア
Designer:ミース・ファン・デル・ローエ
Brand:Knoll
素材:ステンレススチール、レザー
 photo:INTRECS Store
1929年バルセロナ万博のドイツパビリオンで、スペイン国王夫妻を迎えるためデザイン・展示された作品。不朽の名作である。
バルセロナチェアの詳細
 


チェアーズスタイル ■FRPにこだわる ■ウレタンを楽しむ ■四大木材 ↑TOPへ

またご訪問の際は、Yahoo!・Google・MSNで「椅子 デザイナー」で検索。

このサイトについて   リンクについて   詳細サイトマップ   お問い合わせ
お気に入りに登録   友達・知人に知らせる