セレブな椅子-チェアーズスタイルトップへ

椅子の主要素材

 椅子の素材は@ウッド系素材(紙・籐も含め)Aスチール系、Bプラスチック系の3つに大別することができます。最古の歴史を持つウッドは、18世紀後期に開発された「プライウッド(積層合板)」の技術と、イームズという天才の出現によって「LCW」といった名作に昇華され、その後も最もメジャーな素材として君臨し続けています。
スチール」はその剛性と粘性を活かし、脚部にフレームにと古くから使用されてきました。イームズの「DKR」や、ベルトイアの「ダイヤモンドチェア」、倉俣史朗の「How High the Moon」といった名作は、スチールの素材としての美しさに焦点を当てた名作です。

大戦中、米軍によって開発された「FRP(ガラス繊維強化プラスチック)」は、これまたイームズの「シェルチェア」やヴァーナー・パントンの「パントンチェア」によってオーガニックデザインという大きな流れを作り出す技術的根拠となりました。
もう少し主な素材を挙げてみます。


木材

圧倒的に多いのはナラとブナ。高級なものではローズウッドなどもありますが、一般的に色が濃い材は重いので、選ぶ際には扱いやすさを確かめることも必要です。 つくりは、脚と座枠(台輪)、座面、強度を補う貫、笠木、背、そしてアーム(肘掛け、肘木)が基本となっています。

籐(ラタン)

籐(ラタン)は、インドネシアやフィリピンなどの熱帯、亜熱帯に分布するヤシ科の植物。300種類以上ある樹種の中で、家具用材に使われるのは10種類ほどです。骨組として使われる直径の太いものを民籐と呼び、太さによって大太民、太民、中民、幼民と分けられています。

成形合板(プライウッド)

薄くスライスした単板(ベニア)に接着剤を塗布して重ね合わせ、成形治具(せいけいじぐ)に入れて曲面加工を施した曲面合板のことです。圧着して接着剤を硬化する方法には、マイクロウェーブ加熱(電子レンジの原理のもの)や高周波加熱、治具にはさみ込んだ鉄板に電力を流して加熱する低電圧加熱、そして常温によるものがあります。
バタフライスツールicon DCWicon LCWチェア(ライトアッシュ) icon

ウッド(木材)系素材で作られている椅子

ヨーロッパ家具を代表する四大木材

nextmaruni(ネクストマルニ)の素材シリーズ

バタフライ
スツール
DCW LCW

プラスチック

熱硬化性樹脂と熱可塑性樹脂の2種類があります。熱硬化樹脂は熱を加えると固まる性質を持ち、ポリエステルではFRP(強化プラスチック)、ポリウレタンでは発砲ウレタンや塗料、そして食器や化粧板に使われるメラミンなどがあります。逆に、熱可塑性樹脂は冷やすと固まる性質を持ちます。射出成形されるポリプロピレンの椅子はその例です。
パントンチェア Side Shell Chair DSR-5S Tom Rock

プラスチック系素材で作られている椅子

特殊素材FRPで作られている椅子

ウレタン素材で作られている椅子

パントン
チェア
DSR-5S Tom Rock

スチール

スチールはその剛性と粘性を活かし、脚部にフレームにと古くから使用されてきました。イームズの「DKR」や、ベルトイアの「ダイヤモンドチェア」、倉俣史朗の「How High the Moon」といった名作は、スチールの素材としての美しさに焦点を当てた名作です。
How High The Moon スモールダイアモンドチェア Chair-One

スチール系素材で作られている椅子

How High
The Moon
ダイアモンド
チェア
Chair-One


チェアーズスタイル ↑TOPへ

またご訪問の際は、Yahoo!・Google・MSNで「椅子 デザイナー」で検索。

このサイトについて   リンクについて   詳細サイトマップ   お問い合わせ
お気に入りに登録   友達・知人に知らせる