セレブな椅子-チェアーズスタイルトップへ

あるチェアのお話

デザイナーの数だけ椅子が存在し、また椅子の数だけデザイナーの個性が存在します。
世の中に数多く存在する椅子。そして、世の中に生まれてきた椅子。

そんな椅子にまつわる、生まれる歴史を持った椅子の話をお届けします。

Panton Chair(パントンチェア) パントンチェアのイメージ
この椅子を知らずしてヴェルナー・パントンは語れない、ヴェルナー・パントンの名作。

Butterfly Stool(バタフライスツール) バタフライスツールのイメージ
ミッドセンチュリーを代表する日本人デザイナー、柳宗理といったらこのバタフライスツール。

Ball Chair(ボールチェア) ボールチェアのイメージ
約40年前にデザインされたものとは思えないほど、今でも斬新なデザインのエーロ・アールニオの代表作。

Diamond Chair(ダイアモンドチェア) ダイアモンドチェアのイメージ
この椅子をデザイナーしたデザインしたハリー・ベルトイアは、生涯2脚の椅子しかデザインしなかった。

DCW(ディーシーダブリュー) DCWのイメージ
DCWが生まれるきっかけとなったのは、皮肉にも戦争と言う背景がありました。

La Chaise(ラ・シェーズ) ラ・シェーズのイメージ
イームズが一番愛したとされるこの椅子。当時の技術では生産に至らなかったほどの奇抜な発想だった。

Egg Chair (エッグチェア) エッグチェアのイメージ
アルネ・ヤコブセンのスワンチェア、アントチェアに並ぶ代表作、それがエッグチェア。そのフォルムは優雅で斬新である。


チェアーズスタイル ■チェアカルトクイズ ■椅子の書籍 ■セレブな椅子って? ↑TOPへ