セレブな椅子-チェアーズスタイルトップへ

四大木材を使用して作られた椅子

ヨーロッパ家具を代表する4つの木材のことを、「四大木材」といいます。ヨーロッパでこれに選ばれる木材だけ合って、貴重なもの、木目がきれいなものなど、すばらしい木材達です。

その4つの木材と、その木材を使って作られているチェア・スツールをご紹介します。

アッシュ材
モクセイ科の広葉樹で、粘りと強度があり衝撃に強いが、一方広葉樹の中でも加工(手加工も)しやすく、表面の仕上がりがきれいな為家具材として人気がある。ヨーロッパ家具を代表する四大木材(ウォールナット、オーク、マホガニー、アッシュ)の一つ。チーク同様、使い込むほど木肌がなじんでいくので味のあるインテリアになる。
KO-KOのイメージ KO-KO
Designer:倉俣史郎
Brand:Cappellini
素材:アッシュ材
 photo:hhstyle.com
小さい台にちょこんとついた取っ手。シンプルな中で、その取っ手の形が何かを物語っています。持つのもよし、もたれかかるのもよし。でも気軽に腰をかけるのが、一番いいでしょう。形もシンプルですから。
KO-KOの詳細
LCWのイメージ LCW
Designer:チャールズ&レイ・イームズ
Brand:Herman Miller for the HOME
素材:アッシュ材
 photo:hhstyle.com
LCWはリビング・チェア・ウッドの略。独特の低さを持ち合わせるこのチェアは、見た目から想像できない座り心地を与えてくれます。
LCWの詳細

Seven Chair(セブンチェア)のイメージSeven Chair(セブンチェア)のイメージ Seven Chair(セブンチェア)
Designer:アルネ・ヤコブセン
Brand:Fritz Hansen
素材:アッシュ材、スチール
 photo:yamagiwa
世界で500万脚以上のセールスを記録しているベストセラー。ベーシックなものは愛され続けるという証のような椅子。
Seven Chairの詳細
 

ウォールナット
クルミ科クルミ属の落葉高木。美しい木肌と狂いの少ない材質で、欧米では古くから家具材や装飾用材として使用され、現在も高級家具や高級車のインパネ、工芸品などに使用されている世界的に有名な銘木。 ローズウッド、マホガニーと並ぶ最高級材。
DCMのイメージ DCM
Designer:チャールズ&レイ・イームズ
Brand:Herman Miller for the HOME
素材:ウォールナット、スチール
 photo:hhstyle.com
すわり心地はとてもよく座と背が分割している事によりラバーアジャスターが心地よいクッション性を感じる事ができます。
DCMの詳細
DCWのイメージ DCW
Designer:チャールズ&レイ・イームズ
Brand:Herman Miller for the HOME
素材:ウォールナット
 photo:hhstyle.com
LCWと同時期に世に出たDCW。その風貌は、イームズの歴史を語るかのようです。オーソドックスな形でありながら気品を感じさせる、長年愛される所以です。
DCWの詳細

ウォールナットスツールのイメージ ウォールナットスツール
Designer:チャールズ&レイ・イームズ
Brand:Herman Miller for the HOME
素材:ウォールナット
 photo:hhstyle.com
一つ一つの顔が微妙に違う味を持っている。テーブルとして考えられたものだったが、イームズが好んで座っていたのでスツールとなった。オブジェとしても、テーブルとしても、そしてスツールとしてもその幅は広い。
ウォールナットスツールの詳細
ロッキングスツール(High)のイメージ ロッキングスツール(High)
Designer:イサム・ノグチ
Brand:Vitra Design Museum
素材:ウォールナット
 photo:hhstyle.com
ゆるやかに湾曲した座面とベースをつなぐワイヤーは、ハリー・ベルトイヤへの敬意を表現したものと言われている。この形でロッキングするのは座ることを退屈にさせない工夫もあるのだろう。
ロッキングスツール(High)の詳細

チャーナーアームチェアのイメージ チャーナーアームチェア
Designer:ノーマン・チャーナー
Brand:Cherner Chair Company
素材:ウォールナット
 photo:hhstyle.com
アーム部のうねりがなんともいえない。そして、鹿や闘牛を思わせるようなアームの躍動感がチェアの勢いを感じさせます。北欧テイストたっぷりの一品です。
チャーナーアームチェアの詳細
LEMのイメージ LEM
Designer:安積伸・朋子
Brand:Lapalma
素材:ウォールナット、スチール
 photo:hhstyle.com
シンプルイズベスト!の言葉がぴったりのスツール。座面からフットレストへ流れる曲線が美しい。また高さ調節が可能など、座る人への配慮がなされています。
LEMの詳細


マホガニー材
マホガニーとは「黄金色」という意味。 古くから知られる銘木の一つ。現在マホガニーは激減し、 入手が困難な状況になったことから、さらに希少価値が付加されるようになっている。ホンジュラス産が最高級とされる。 多くは、アフリカや東南アジアなどの熱帯地域で植栽。
年月を経るごとに美しい光沢を得るその材質は、まさに黄金色というに相応しいものである。ローズウッド、ウォールナットと並ぶ最高級材。
Relaxer のイメージ Relaxer
Designer:ヴェルナー・パントン
Brand:フィスケ
素材:マホガニー材・ウール
 photo:モルフィカ
部屋に巨大な逆さイモムシが…。そうじゃなく立派なチェア。ゆらゆら楽しむのもよし、オブジェとし飾るも良しの斬新な一品。
Relaxer の詳細
COSTESのイメージ COSTES
Designer:フィリップ・スタルク
Brand:driade
素材:マホガニー材、スチール、クッション
 photo:yamagiwa
1982年にパリの伝説的カフェ「コステス」のためにデザインされたチェア。アーム部の傾斜が負担なく腕を置けるのが計算されている。
COSTESの詳細

マッシュルームスツールのイメージ マッシュルームスツール
Designer:中山グループ
Brand:天童木工
素材:マホガニー材
 photo:イトーキsoho.st
このちょっと変わったスツールの形はすばらしいとしか言いようがありません。発想がすごく豊か。和でも洋でも雰囲気に溶け込んでくれるスツール。
マッシュルームスツールの詳細
 


オーク材
ブナ科の落葉樹で、ナラ、カシ、カシワなどの広葉樹。雌雄同株で、森林や草原に生育します。木目がはっきりしているのが特徴で、建材や家具などに多く使われている。ウイスキーの樽材として使用されるホワイトオークが有名。




同じ木材でも、色の濃いブラックやレッド、薄いホワイトなどがあります。上記の四大木材の特徴をまとめておきます。
材質 産地 性質 用途
ホワイトアッシュ 北米全域に生育し、中東部に多い 適度に堅く、耐久力に富む。ステインや艶だし加工で美しく仕上がる 家具用材、建築用材、ドア材、合板材、運動器具など
ブラックウォールナット アメリカ東部及びカナダのオンタリオ州など 木質はやや重硬で、狂いが少ない。ペンキやステインによくなじみ、艶出し加工で美しく仕上がる くから高級家具材や工芸用材として用いられる。その他、フローリング材、楽器材などに利用
レッドオーク 全米一帯に分布するが、中東部のものが良く知られる 木理は通直であるが肌目は粗い。適度の堅さで、加工も容易。スチーム曲げにも適している 家具用材、化粧合板、ドア材、造作材、床材など
マホガニー 中米及び南米に分布 材の加工性や寸法安定性、耐久性など優れている。狂いや割裂も少ない 家具材、彫刻材、内部装飾材、車のダッシュボードなど

参考サイト:世界の銘木「木材図鑑」


最後に木材の手入れ方法も見ておきましょう。
木材は使い込むうちに美しさが増し、年月を経るごとにしぶい美しさが増してきます。 しかしながら、四大木材のような最高木材をずっと美しく保ち、損傷や乾燥し過ぎから守る為には十分な注意と配慮が必要です。 基本的な手入れは となります。これは基本なので、いつまでも美しく保つためにはこれ以外の手入れも必要になってきます。それは、女性が肌を若々しく保つために美容液やクリームを塗るのと同じです。
 基本の手入れで、天然のオイルが蒸発すると説明しましたが、それを補うための手入れが必要となります。木材の弾力性を保たせるためには、木製品専用の「つや出し材」よりも、「栄養クリーム」が必要なんです。
 
  うわさでは「ハガティー」というところのクリームがいいみたいなのですが、なかなか見つからない(^^;)。楽天で探してもないし・・・。でもよさそうな物が一つ。これだったら、天然成分だし、木材を長持ちさせられるものではないかと。その名もドイツ生まれの「BAUM(バオム)」。なかなか効きそうで、お気に入りのチェアをいつまでもきれいに保ってくれそうです!
 
ちなみにオイルの手入れは、年に3,4回が目安です。楽しく手入れして、いつまでも輝く美しい、そして味のあるチェアを(^^)

⇒椅子に使われる木材は多種多様。四大木材以外の椅子に使われる木材を見てみましょう。
⇒日本から、世界に通じる日本の椅子を発信。nextmaruniが提案する木材の椅子。



チェアーズスタイルFRPにこだわるウレタンを楽しむ名作に触れるワークチェア
TOPへ

またご訪問の際は、Yahoo!・Google・MSNで「椅子 デザイナー」で検索。

このサイトについて   リンクについて   詳細サイトマップ   お問い合わせ
お気に入りに登録   友達・知人に知らせる